スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理人からの挨拶。 

みなさん、こんにちは!
私たちのブログに遊びに来てくださいまして、ありがとうございます。
私は管理人の<キャプテンBUBU>こと「ヒロ」です。よろしくお願いします。 

さて、この最近ですが私たちのブログをご覧になられている方が、どんどんと増えているようです。

このブログを立ち上げた私たちの仲間は、みんなこのクイーンズタウンが大好きで、ここで暮らし、ここで楽しみ、日本からいらしたお客様のかゆいところに即座に手が届くような仕事をする小さな旅行会社を運営して、私たちなりの人生観を培かいながら、日本とはちがうライフスタイルを満喫してます。

鮟・牡縺・」幄。梧ゥ溘→繝ェ繝槭・繧ォ繝悶Ν繧コ_convert_20100513202847
<リマーカブルズと黄色い飛行機> クイーンズタウン空港の小型機駐機場にて


101_0120_3_convert_20100513203031.jpg
<クイーンズタウンから出征した兵士への追憶のゲート>
町の東側に位置してクイーンズタウンガーデンへの入り口になっています。

とは言いつつも、この南半球に位置しているニュージーランド、更にはクイーンズタウンと言うとご存知の方は韓国やハワイなどに比べてまだまだです。この国の魅力は美しい景色を持ち、キウイと言われるニュージーランド人の親切で気取らない人柄などや、日本では忘れ去られがちな、純朴な人間の温かみをいつでも感じられることが出来る国です。東京から赤道を越えて9859Km、パリやミラノを越えて、ローマへ行くのとほぼ同じ距離にあります。

それなのに、私たちには外国に住んでいるのに外国ではない親近感があります。

他の国にくらべて、自国の宣伝を積極的にするより、ラグビーにやヨットに熱中するキウイ。
呆れるほど商売っ気の無い国民性。そんなとてもユニークな国だから、私たちは日本のみなさま方にもっと知っていただきたく思います。ニュージーランドは旅行のパンフレットやガイドブックでは紹介されてない事の方が,住んでいる「私たち目線」には実に、実に多く存在します。

時には、そんなガイドブックやパンフレット、インターネットなどに不正確な情報が堂々と胸を張っているのを見かけることもしばしばあります。たとえば動物編で行きますと、なんのためらいも無く「ニュージーランドにはアザラシがいます。」などと言う記事を書いている方々がおりますが、そのような記事を目に留めてしまいますと、大変残念でなりません。正しくはニュージーランドオットセイです。(英語名はSOUTHERN FUR SEAL)

私たちは長年にわたり、クイーンズタウンに住み、こちらの浮き沈みの激しい旅行業の中でも、多くの方々のご支援を頂いて生き残ってきました。私たちの仲間は元はと言えば、日本で全く旅行業とは関係の無い仕事をしていました。証券マン、ホンダの整備士、スバルの営業マン、大手電気メーカー勤務、専門学校の教師、そして私は広告代理店で雑誌広告の仕事をしていました。言ってみれば初めは素人でしたが、みんな共通の思いを持つ叩き上げ集団です。

だから、いつでも遊び心を持ちながらも、自分達の目で見て、足で稼いだ「生きた正確な情報」だけをみなさまには自身を持ってご紹介をさせていただきます。

どこにあるのニュージーランド? 
どこにあるの?クイーンズタウン?? クイーンズタウンに住んでいる日本人の私たちが、このブログを通じてどんどんと発信してゆきます。ですから、ご興味をお持ちいただける方がこれから増えてくれましたらましたら、ホント!にうれしい限りです。

101_0121_3_convert_20100513203157.jpg
<アイカーツホテルの看板> 湖に面したロケーションにあって、しかも町のど真ん中。
1泊、$2500.00 NZD (日本円で約17万5千円)の部屋はセレブ御用達

ご紹介しました写真ですが、素人の私が普通のデジカメで撮ったもので、どれも特別な写真ではありません。

こんなきれいな景色がどこにでもあるのがクイーンズタウンです。

だから、日本から撮影隊のみなさんが続々、訪れています。最近、日本で流れているCMで、クイーンズタウンエリアで撮影されたものは資生堂さんの「ザ・コラーゲン」やアサヒ飲料さんの「アサヒ オフ」などがありますよ。つまり、無意識のうちにみなさんの目には、私たちの住んでいるクイーンズタウンの風景をご覧になっていることになります。

そして、私たちも実はそんな日本からいらしたとてもたくさんのお客様にお会いしています。
どうしてかと言いますと、私たちは日本最大手の旅行会社のツアー(あえて会社名は出しませんが・・・。)で、いらっしゃるお客様のクイーンズタウンでのご案内をさせていただいています。つまり、運転やガイドなどは,現地係員として、私たちが行っています。年間平均で私たちの仲間(スタッフ)がお世話をさせていただきます人数は約1500人から2000人程です。

このブログをご覧になっているみなさんの中には、知らないうちに既に私たちにお会いになられている方もいらっしゃるかもしれませんね。

これからクイーンズタウンにいらっしゃるお客様もフリーツアーでも、パッケージツアーでも気軽にお声をおかけください。

私たちのブログに遊びにいらしていただきましてありがとうございます。

つづく

<キャプテンBUBU記>

にほんブログ村に登録してします。
ポチッとしていただけると嬉しいです。
ご協力お願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://swtltdzqn.blog109.fc2.com/tb.php/23-3103f34a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。